たにもと歯科

セレック|大阪府守口市の歯医者・歯科|たにもと歯科

ご予約・お問い合わせ 06-6993-7711

〒570-0094
大阪府守口市京阪北本通4-13 カーサ北本通1F

セレック

セレックとは・・・

セレックとは、ドイツで生まれ世界各国で使われている、CAD/CAMを使ったセラミック治療システムです。
天然歯によく似た美しい色・質感を持つセラミックブロックを使用し、コンピューターで設計・加工することで、治療期間の短縮を可能にしました。

金属製の詰め物・被せ物と比べ、セラミック製のものは虫歯になりにくいという点でもおすすめします。
虫歯になりにくい理由は、次の通りです。

① セラミックはセメントの付きが良く、接着用のセメントの漏れが少ない。
② セメントの漏れが起こると隙間ができ、そこから歯に虫歯菌が付いてしまう。
③ セラミックならセメントが流れ出にくく隙間ができにくいから、虫歯になりにくい。

セラミックには、欠けにくいという利点もあります。
① 金属ほど硬くなく、天然歯と同じくらいの硬さ・しなり具合なので、詰め物・被せ物が欠けにくい。
② 詰め物・被せ物が欠けにくいということは、長きにわたってよく噛めて、隙間ができにくい。
③ 隙間ができにくいということは、虫歯になりにくい。

金属の詰め物を外すと、中が虫歯になっている場合があります。

セレック治療の流れ

STEP1 歯を削った後、3Dカメラで口腔内を撮影します。

治療する歯を削った後、従来の型取りをする際の不快感を味わうことなく、撮影するだけです。
わずか数秒、これだけの作業で患部の歯列が目の前のモニター上に再現されます。

STEP2 コンピューターの3D画面上で修復物を設計します。

モニター上であらゆる角度から、咬み合う部分や形を微調整し理想的な形にしていきます。
設計後、ご用意してあるさまざまな色のセラミックブロックから適した色のブロックを選びます。

STEP3 専用マシンが設計データをもとに加工します。

専用マシンがコンピューターで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、チェアサイドでみるみるうちに精度に優れた修復物を加工・作製していきます。

STEP4 口腔内へセットして治療完了です。

削り出されたセラミック修復物を口腔内へセットします。
これですべての治療が完了となります。

セレック治療 1day トリートメント

今まではわずらわしい歯の型取りをしてから歯ができるまで長期の日にちがかかっていたのが…
カメラで写真をとってPCにデータを取り込むと20分程度で詰め物、かぶせができあがります。
工場で作られた均一な素材のセラミックブロックを削り出してかぶせものを作製します。そのため割れにくく、また天然エナメル質と同等の硬さのため他の歯に優しい修復材料です。

1.虫歯を防ぐ

虫歯は感染症なので、虫歯になってしまうのは細菌感染が原因です。通常、型取りをした後に『仮のフタ』をして帰ります。約1週間もの間、仮のフタで過ごすことになります。仮のフタは非常にルーズなので、削った部分は汚染されます。虫歯を削ったエナメル質のない部分は非常に感染しやすい部分なのはご存知ですか?セレック治療は削ったその日に治療が終わるので、虫歯菌による感染、汚染による接着力の低下を防ぐ事ができます。

2.型取りが不要

通常の被せ物や詰め物は、ピンクの粘土のようなもので「型取り」をします。
患者様によっては、嘔吐反射(ゲーゲーする)経験があるかもしれません。
セレックでは、3D光学カメラを使用して、スキャンして終わりです。

3.来院回数が減る

型取りが必要な治療では1回目で型取りをして、7~10日後に出来上がったものを入れていました。
セレックでは約1時間でお口に入れてお帰りいただけます。

※症例によって時間が変わります。

4.麻酔が1回で済む

歯医者がキライな方の多くが、麻酔注射が苦手だと言われています。
通常の被せ物や詰め物は、型取りの際に麻酔をし、できあがった物を入れる時にも汚れを取るために麻酔をすることが多いですが、セレックは1日で終わるので、苦手な方が多い麻酔が1回で済みます。

セラミックのかぶせ、つめものの特長

1.見た目が目立たない。

白いので審美的で目立ちません。

2.金属のかぶせに比べ、表面にプラークがつきにくい。

セラミックの表面につくバイオフィルムの厚さは
金属の3分の1

3.歯のすきまが虫歯になりにくい。

特殊セメントで接着させるため歯とセラミックのすきまができにくいのですきまの虫歯になりにくい。

4.歯と同等の硬さなのですり減りにくい。

透明感や色調だけではなく歯のエナメル質と同等の硬さなので、他の健康な歯と同じ様な機能性をもっています。
オールセラミックは金属を一切使用していないので生体親和性も高く、歯や歯茎が金属で黒ずむこともありません。

5.金属アレルギーの心配が少ない。

日本の保険治療で使用する金属には、パラジウム、ニッケル、銀合金、水銀などの重金属が使われています。
お口の中にこれらの金属が入っていると、金属アレルギーを引き起こす可能性もあり、
そのため、ドイツやスウェーデンなど諸外国では使用が禁止されていますが、日本ではまだ依然として保険治療で使用されています。

よくある質問

Q

どんな症状でもセレック治療は可能ですか?

A

一般的な詰め物・被せ物といった治療はもちろんのこと、前歯に貼り付けるラミネートベニア治療も可能です。 歯を削る量を抑えて審美的な仕上がりを得られます。 虫歯の大きさや咬み合わせの関係など、お口の中の状態により治療法を検討しますので、詳しくは医院スタッフまでご相談ください。

Q

初診時には、どれくらい費用が必要ですか?

A

2,000円から3,000円ほどが一般的な費用となっておりますが、検査の内容などによって変わります。

Q

本当に通院1日・1時間で治療が可能ですか?

A

虫歯の大きさ・歯ぐき・神経などの症状により、他の治療を優先して行う必要がある場合には、当日のセレック治療ができないことがあります。 また、セレック治療が複雑で複数にわたる場合や、特殊な色付け加工が必要な場合には、1時間以内の治療ができないこともあります。 まずはカウンセリングにてドクターに診てもらいましょう。

Q

なぜセラミックが良いのですか?

A

レジン(プラスチック素材)による修復治療と比べて、着色や変色、摩耗といった心配が少なくなります。 金属修復物と比べてもプラークがつきにくく、金属アレルギーの心配もありません。 また、セレックで使用するセラミックは、工場で規格生産していますので、不純物などの混入も抑えられ、常に品質が安定しています。 天然歯に近似した素材として、使用しているドクターから高く評価されています。

Q

保険診療は可能ですか?

A

セレック治療は保険外診療となりますが、セレック治療によるさまざまなメリットは、コストに見合った治療効果をもたらすものと自信を持っておすすめします。