たにもと歯科

診療案内|大阪府守口市の歯医者・歯科|たにもと歯科

ご予約・お問い合わせ 06-6993-7711

〒570-0094
大阪府守口市京阪北本通4-13 カーサ北本通1F

診療案内

唾液検査

当院では短時間唾液検査システムを導入しており、お口の健康状態をデータでお知らせすることができます。結果はグラフなどで表示されるため見やすく、今後の治療や予防に役立てることが可能です。治療の前に現状を把握するため、受けてみてはいかがでしょうか。

唾液検査の詳細について

予防歯科

治療を終えたはずの歯が、また虫歯や歯周病になってしまったことはありませんか。再発を防ぐためにはご自分のリスクを知り、症状が出る前に定期検診や予防処置を受けることが大切です。治療後も、3~4か月ごとにメンテナンスにお越しください。

予防歯科の詳細について

一般的な歯科治療

おいしいお食事には、健康な歯が不可欠です。そのため当院では、できるだけ歯を残しながら虫歯治療をするよう心がけていますが、それには早期発見が重要です。また、歯周病が進行すると歯がグラグラになってしまい、最後には抜け落ちてしまいます。どちらも早めに治療を始めましょう。

もっと見る

虫歯と歯周病はどちらも感染症であり、それぞれ原因となる細菌に感染することで発症します。食べかすなどで歯が汚れているとそれらの細菌は増殖し、バイオフィルムという固まりになって歯にこびりついてしまいます。

細菌以外にも、歯の性質や生活習慣も影響し、発症後は重症化するまで目立った症状なく進行していきます。少しでも気になる症状があれば、早めに受診してください。

なお、当院では治療の痛みを抑えるため、表面麻酔と電動麻酔を使用しています。表面麻酔で歯茎の表面を麻痺させてから、電動麻酔でゆっくりと麻酔液を注入するのが、痛みを感じにくくするポイントです。できる限り、痛みや不安なく治療を受けていただけるよう配慮しています。

審美治療

歯科医院の役割は、虫歯などの病気を治療することだけではありません。健康と美容の両方を追求し、歯を白くしたり、欠けた部分が自然な見た目になるように補ったりする治療にも対応しています。美しい歯にすることで、皆さまの笑顔に貢献できればと思います。

もっと見る

コーヒーやたばこによる着色が歯の内部にまで沈着してしまった方におすすめしたいのが、ホワイトニングです。歯の表面にお薬を塗って色素を分解し、歯を削ることなく白くしていきます。結婚式などのイベントを控えている方や、体質やご年齢のせいで歯が黄ばんでいる方にもおすすめです。

また、歯が欠けたり削ったりした箇所を修復する際にも、美しさを追求した治療ができます。保険診療で使うプラスチックや銀歯の代わりに、自然な白さが長持ちする材料を使うことで、天然の歯のような見た目を取り戻すことが可能です。具体的には、セラミックやジルコニアなど、予算やご要望に添ったものをご提案します。

まずは患者さまのお悩みをお聞かせください。

セレック治療

セレックとは、天然歯によく似たセラミックブロックから詰め物・被せ物を削り出すことができる治療システムのことです。歯科技工所が介在せず院内で加工しますので、比較的短期間で治療できるというのが特徴です。

セレック治療の詳細について

インプラント

ブリッジや入れ歯は、比較的お手頃で手術の必要もない反面、土台となる歯根がない状態で抜けた歯を補う治療法です。それに対しインプラントは、人工の歯根を埋め込んで歯を作るため天然の歯に似た構造となり、しっかりと噛むことができるという魅力があります。

インプラントの詳細について

歯科用CT

歯科用CTとは、歯科専用に開発されたCT撮影装置で、精密な診査診断に役立ちます。当院は、院内に歯科用CTをご用意していますので、経過観察のたびに他院でCT撮影をしてきていただく必要はありません。当院で診査診断から治療まで完結できます。

もっと見る

歯科用CTのメリットはたくさんあります。一般的なレントゲンとは違い、お口周りを立体的で精密に把握できるので、顎の内部構造なども詳細に確認することができます。大きな血管や神経の位置も分かりますので、インプラント手術に伴うリスク回避に役立ちます。また、親知らずの状態や鼻穴の奥の形状などを確認したり、根管治療前の検査をしたりする際にも使います。

さらに、医科用のものより撮影部位が狭いので、とても少ない放射線量で検査ができることが特徴です。歯科用CTを活用し、患者さまのためにより良い歯科医療を行ってまいります。

入れ歯治療

入れ歯には材料や作り方によってさまざまな種類があります。保険診療の入れ歯でも患者さまにお喜びいただけるケースもありますし、お口の状態や使い心地についてのご要望によっては自由診療をご提案するケースもあります。

もっと見る

入れ歯に薄さや食べたり飲んだりときの温度感を求める方には、金属床義歯をおすすめします。土台の部分が薄い金属でできており、食べ物の温度を伝えやすいのが特徴です。保険診療の入れ歯の3分の1という厚さしかないので、フィット感が良くお話ししやすいというメリットもあります。

また、部分入れ歯の留め具が金属だと目立つのではないかと心配されている方には、ノンクラスプデンチャーをご紹介します。丈夫なプラスチックを使い、留め具を歯茎と同じ色で作りますので、入れ歯であることが他の人から気付かれにくいという特徴があります。

ぜひ、お気に入りの入れ歯を手に入れ、お食事や会話を楽しんでください。