たにもと歯科

入れ歯|大阪府守口市の歯医者・歯科|たにもと歯科

ご予約・お問い合わせ 06-6993-7711

〒570-0094
大阪府守口市京阪北本通4-13 カーサ北本通1F

入れ歯

入れ歯について

一口に入れ歯と言っても、その種類は様々です。

保険適用の入れ歯のほか、自由診療のものは材料や作り方の違いにより選択肢は多岐にわたります。
保険診療だけで患者さまにお喜びいただけることもありますし、お口の状態によっては自由診療の材料や作り方でも納得していただける入れ歯を作るのが難しい場合もあります。
なお、どんなに入れ歯が合う場合でも天然の歯にはかないません。(入れ歯で噛む力は天然歯の3割ほどとされています)

入れ歯治療にかかる費用は、歯の本数次第で少々の違いはありますが、歯1本当たりで計算するわけではありません。
ご自分がこだわりたいポイントをお話しになり、歯科医師と相談した上でお決めになると良いと思います。
(各種の入れ歯には適応条件があり、歯や骨の状態によってはご希望の種類で作製できない可能性があります)

金属床義歯

入れ歯の土台部分が金属でできた入れ歯です。土台を薄くしても強度が保たれ、異物感の少ない装着感にできます。また、金属は温度を伝えるので、料理の温かさや飲み物の冷たさを味わえます。

金属床義歯の特徴

温かさや冷たさを十分に伝えるので、お食事を楽しく召し上がれます。

保険適用の入れ歯の1/3の薄さにできるため、装着した時に異物感が少ないです。

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯をお使いの皆さまの多くは、金属バネ(留め具)を歯にかけていらっしゃると思います。入れ歯が横揺れしたり沈み込んだりするのを、このバネによって防ぐ仕組みです。 噛む力はとても強いため、バネも強い維持力や把持力を持つ材料でないと簡単に折れてしまいます。これが、バネが金属製である理由の一つです。しかし、奥歯ならともかく、前歯に金属バネをかけていらっしゃる方は、見た目が気になることが多いのではないでしょうか。
そのお悩みを取り除くために「バネが見えにくい入れ歯」があります。
入れ歯の素材に保険診療よりも丈夫なプラスチックを使い、バネも歯茎と似た色にするため、入れ歯を付けていると気付かれにくい構造になっています。
保険適用ではありませんが、見た目にこだわりたい患者さまにはおすすめです。

入れ歯治療Q&A

Q

入れ歯の種類にはどんなものがありますか?

A

入れ歯には様々な種類があります。大きく分けると、本体が樹脂(レジン等)だけのものと、一部に金属を使ったものに分けられます。また、スーパーデンチャーと呼ばれる、柔らかくてお口へのフィット感に優れたものもあります。
入れ歯を作る際は、事前に歯科医師と相談してから選ぶことをおすすめします。

Q

入れ歯は目立ちますか?

A

入れ歯と分かる場合も多少はありますが、フレキサイトデンチャー(弾性樹脂義歯)など金属部分が見えない入れ歯もあります。詳しくは歯科医師までご相談ください。

Q

入れ歯を長持ちさせる方法はありますか?

A

定期的に検診を受けることが長持ちさせるコツです。就寝時は取り外し、水の中に入れて保存してください。
また、入れ歯は高温に弱いものです。入浴などは特に問題ありませんが、サウナ等を利用される場合は入れ歯を取り外すことをおすすめします。